住宅購入

住宅購入

住宅購入についてのお役立ち情報を紹介します。

ラッキー通販 > 住宅購入

住宅購入の流れ

住宅を購入を決めたら、後悔のないように基本的な購入の流れを理解しておくべきです。本来の流れを把握しておくことで、適切な判断に役立てることができます。

ここでは、建売住宅の購入についての流れを確認していきます。

まずしなければならないことは、物件を探すことです。出来る限り多くの物件を見学して、より求めている条件に合ったものを見つけましょう。大きな買い物ですから、安易な気持ちで決めるのではなく、慎重に進めることが重要です。欲しいと思える物件を見つけた場合、今度は購入のための申込みをします。

その際には専門家に住宅診断も依頼し、建物の施工精度や不具合の有無をチェックしてもらいます。さらに、不動産の売買においてトラブルが生じやすい売買契約書を専門家に見てもらうのも良いでしょう。売買契約書の内容に問題がなければ、多くのトラブルを防ぐことができます。

そして、いよいよ売買契約です。

この際にも第三者の一級建築士に立ち会ってもらい、建物に問題がないかをチェックしてもらうこともできます。一般の人がぱっと見ただけでは判断しづらい床下や屋根裏などをチェックしてくれたり、事前の情報に誤りがないかどうかを判断してくれます。

何も問題ないと判断されたら、以後は代金の決済を行い、建物の引き渡しがなされます。多くの場合は、代金を支払うために住宅ローンを組むことになります。これらの流れが無事に進めば、晴れて引越しをして新しい家での生活が始まります。



家づくりの総合ポータルサイト【持ち家計画】

住宅購入費用

住宅を購入する際にまず考えなければならないのが、どのくらいの予算が必要になるのかということです。現在の自己資金がどのくらいあり、どのようなローンを組めば良いのかなど、お金に関して考えるべきことはたくさんあります。

完済するまでにどのくらいの期間がかかるのかも考えつつ、しっかりと検討する流れでみていきます。

資金計画は、はじめは大まかな段階で考えると良いでしょう。いきなり細部まで考えようとすると大変ですし、とても面倒です。

まずは自己資金から購入できる住宅を考えます。新築の一戸建てなのか、中古の一戸建てか、新築マンションか、または中古マンションか。ひと言で住宅といっても、いろいろな種類があります。その中から自分の予算にあったものを選択しましょう。

次に住宅ローンの毎月の返済額を計算します。自分の収入を考え、どのくらいまでなら返済に充てられるかを考えます。あまりにギリギリの額に設定してしまうと急な出費があったときに対応できなくなるので、ある程度の余裕をもたせると良いでしょう。

それから資金計画の概要をまとめます。どのくらいの予算が用意できて、いくらずつ返済していくのか。また、期間はどのくらいかかるのか。これらの流れをざっと見通せるようにします。

そこまでの見通しがついたら、本当にその計画で大丈夫かどうかをもう一度検討します。予算が足りないようでしたら、また最初から計画を練り直しましょう。ここで問題なければ、具体的に住宅を購入する準備を進めていきます。



複数の工務店へ間取り作成・見積りを一括依頼「間取り作成依頼サービス」

住宅購入 トップへ戻る