薬剤師

薬剤師

薬剤師に関するお役立ち情報を紹介します。

ラッキー通販 > 薬剤師

薬剤師になるには

薬剤師になるためにはどのようなことが必要なのか紹介します。

まずは、専門の学校を卒業して国家試験に合格しなければなりません。学校は4年生大学となりますが、国立、私立など選択肢はたくさんあります。

国立大学と私立大学のどちらのほうが良いかというと、私立大学の方です。それは国家試験の合格率が良いからです。私立大学は多くの学生に入学してもらいたいと思いますから、その選択の指標として国家試験の合格率を示しています。合格率が低ければ評判が落ちることになりますから、経営層を含めて合格率アップの環境整備を整えてくれるのです。

もちろん、最終的には受験者の問題となります。学費を比較してみると、国立の方が安いのは当然ですね。安い学費で後は自分で努力する人には国立で十分でしょう。学ぶ事柄について大きな差はありません。

それを自分のものとするかどうかは、本人次第なのです。薬剤師に求められる資質としては薬や病気に関する豊富な知識です。学校で学んだことだけではありません。

新しい薬が登場すれば、その情報をいち早く収集することが大切です。学校を出てからも勉強しなければならないことがたくさんあるのです。特に最近では後発医薬品、いわゆるジェネリックが注目されています。



ジョブデポ薬剤師

薬剤師 年収

薬剤師は女性が多いのですが、その年収はどれくらいなのか紹介します。

勤め先や時代によって年収は変わってきますが、ある程度の相場があります。平成22年に出された過去10年間の年収データを見ると平均で500万円程度です。

女性の方が少なく、男性が多くなっています。男女の差は100万円以上ですね。過去10年間のデータはほとんど変化がありません。上昇しているわけではありませんが、減っていませんから、安定した収入が見込めると言うことですね。

勤め先は、調剤薬局、ドラッグストア、病院、製薬会社などです。勤務先の規模によって年収は変わりますが、製薬会社が一番高いようです。

ただし、時間的に自由になるのはドラッグストアなどですね。最近はどこの町にも大型のドラッグストアのチェーン店が出店しています。ただし、雑用などをこなさなければならないので、そのつもりで働くことですね。製薬会社では研究をするのは、薬剤師ではなく、もっと高度な知識を持った人たちになります。どちらかと言えば営業的な仕事になります。

おすすめはドラッグストアで働くことです。近所で勤めることができれば、長く働くことができるでしょう。



薬剤師の無料求人紹介【MEDFit薬剤師】

薬剤師国家試験

薬剤師の資格は国家資格です。専門の大学で6年間学んだ後、国家試験にパスしなければなりません。

大型のドラッグストアだけではなく、いろいろなところで薬の販売ができるようになりましたから、需要は高まっていると考えてよいでしょう。つまり、これからの就職を考えるなら、薬剤師は魅力的な職業なのです。

地方自治体の保健衛生関係の仕事もあります。公務員になるチャンスもあるのです。また、専門職ですから、給料は他の仕事と比べると高いと考えてよいでしょう。

薬剤師の国家試験ではどのような問題が出るのか紹介します。基礎薬学から60問、衛生薬学から40問、薬事関係法規から20問、医療薬学が120問となっています。全部で240問ですね。合格ラインは正解率65%です。

ただし、各科目は35%以上の正解率がなければなりません。この合格ラインはきちんと勉強した人には難しくないものですね。大学で6年間も勉強したのですから、一発で合格したいものですね。国家試験は厚生労働省の管轄であり、毎年3月に行われています。



ファーマジョブ

薬剤師 トップへ戻る