贈与税

贈与税

贈与税に関するお役立ち情報を紹介します。

ラッキー通販 > 贈与税

贈与税とは

贈与税とは、財産を配偶者や子供に贈与した時に課税される税金のことです。その仕組みを知っておくことで、課税額を少なくすることが可能です。

贈与税を支払わなければならない人の多くは高額所得者です。一般庶民にはあまり関係ないと思われがちですが、そこが大きな間違いです。その対象は、土地や建物だけではありません。金銭や装飾品、骨とう品を始めとして、商店の営業権なども対象となります。

したがって、対策をしていないと思わぬ高額な課税となってしまうことがあります。贈与税は親が生きているうちに財産を分与するケースがほとんどですが、死亡してからの遺産相続でも同じように課税されます。

贈与税と相続税をトータルで考えて、対策を調べることが大切です。贈与税の対象となる財産としては、見落としがちなケースを紹介しましょう。
まずは、親からの財産を相場よりも極端に安い金額で購入した場合は贈与とみなされます。

例えば、1,000万円の土地を100万円で購入したケースなどです。それから、多額の借金をしておいて、それを返済しない場合も贈与となります。
返す当てがあればいいわけができるでしょうが、その能力がなければ立派な贈与です。生命保険も同様です。

満期保険金の受け取りを子供にしていると贈与となります。土地を売るのではなく、名義を変更することも贈与です。常識で考えて、明らかに親族から金銭的価値のあるものをもらった場合は税金の対象となると考えるべきです。ただ、これを合法的に減らすことが節税です。

贈与税 住宅

住宅取得に関しては多額の費用がかかるため、親や親戚からの資金援助を受ける人も少なくありません。その場合には贈与税の対象となりますから、対策を考えておくことが大事でしょう。

もちろん、すべての贈与に課税されるわけではなく、非課税となる範囲があり、その点をしっかりと把握しておくことが大切です。一般の贈与の対象となる案件と住宅取得は区別して考えるべきです。

税制においては同じですが、住宅取得のための特例があるからです。非課税となる範囲が広くなっていますので、実質的な減税処置です。それも年度毎に異なります。

自分が住宅を建てようと考えている場合には、どれだけの贈与税となるかを計算しましょう。概算では2,000万円以上の贈与の場合に課税されると考えておけばいいでしょう。自分の家を建てるために親から2,000万円をもらうことができる家庭はそれほど多くありません。したがって、大半の人は非課税となるのです。

現代のように景気低迷の時代であれば、自分たちの生活だけで精一杯の家庭が多く、子供に贈与するだけの資産を持っていないのが現状です。

今、死んだとして相続税がかかるほどの資産でしょうか。税金の仕組みを知っておくことは大切ですが、対策を考えなければならないほどの課税とはならないでしょう。



税理士無料紹介

贈与税 トップへ戻る